« 第326弾 堂々たる生きる闘いに感動!! | トップページ | 第328弾 おかしいぞ!!-”大飯原発” »

2013年3月18日 (月)

第327弾 川島良吉さんの心意気に拍手!!

第327弾 “川島良吉さん”の心意気に拍手!!

 

━ 「憲法を守ろう」94歳で出馬 ━

 

 2013年3月18日の朝日新聞・夕刊の報道「落選94歳 パンクが応援」の記事を見て、びっくりした。私は、この94歳の落選候補・川島 良吉さんに,敬意を込めて、惜しみない拍手を贈りたい。

 川島 良吉さんは埼玉県羽生市に在住し、今回、衆議院選挙埼玉12区から、94歳で、無所属で立候補し、2169票の最下位で落選した。

報道によると、川島さんは「日本国憲法は最高!憲法9条を守ろう!」と手押し車に腰掛けながら訴えたという。「葬式代」だった供託金300万円は失ったが、その行動は共感を呼び、全国各地から葬式代カンパの申し込みが相次いでいる。札幌市のパンクロッカーは「オジイちゃんありがとう!葬式代は俺たちがカンパするぜ!」と基金を立ち上げたという。このバンクロッカーの心意気にも拍手を贈りたい。

 川島さんのもとにはほかにもカンパが続いているという。名前を明かさず現金十数万円を送付してきた人もいたという。川島さんは「福島中央」の消印をみて、「震災で大変だろうに、私なんかに寄付してくれて」と涙ぐんだという。なんてすばらしい話ではないか。世の中、まだ、まだ捨てたものではないと私も暖かい気持ちにさせてもらった。

 川島さんは「いただいた寄付、このまま葬式代に充てる気持ちはないよ」という。私も川島 良吉翁に会ってみたい!!

 

“日本国憲法”を守ろう!!

 

 何よりも私がうれしいのは、川島さんが「老後の問題」や「年金の問題」を訴えるのであれば、それは、それで、当然のことだが、改憲の動きがあるなか、“日本国憲法”を守ろうと訴えたことに感動した。

 報道によると、3月9日に、「SLANG」(スラング)は、東京の渋谷でライブを開催した、このライブに、川島さんを招かれていた。

この「SLANG」のボーカルKO(コー)さんは「戦争反対」「護憲」「原発反対」「命を大切に」当選の見込みはほぼないのに、立候補することで世の中に問題提起をした「川島さんの思いが伝わってきた」。と、そして、「自分たちが政治に無関心だから、こんな状況を招いた。川島さんに会い、もっと勉強をしなければと思い知らされた」という。

 

━ 史上最高年齢の国会議員は、━

 

 ちなみに、史上最高年齢の国会議員は誰かと調べてみたら、それは、「憲政の神様」と言われた、尾崎 行雄 衆議院名誉議員であった。尾崎 行雄議員は、1890年の第1回衆議院選挙に当選して以来、在住63年、連続25回当選したという。落選したのは、あの吉田首相の「ばかやろう解散」の、1953年の第26回選挙であったという。その時が94歳であったという。

« 第326弾 堂々たる生きる闘いに感動!! | トップページ | 第328弾 おかしいぞ!!-”大飯原発” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第327弾 川島良吉さんの心意気に拍手!!:

« 第326弾 堂々たる生きる闘いに感動!! | トップページ | 第328弾 おかしいぞ!!-”大飯原発” »

無料ブログはココログ